SEO対策について

  • HOME »
  • SEO対策について

SEO対策とは、GOOGLEなどの検索エンジンでの検索結果で上位表示させるテクニックとなります。

検索エンジンは

・GOOGLE

・ヤフー

・Bing

など様々ありますが、主にGOOGLEの検索エンジンの対策が出来ていれば問題ありません。

日本国内ではGOOGLEとヤフーが9割以上を占めているからです。

ヤフーはGOOGLEの検索エンジンを利用しているので、GOOGLEに対してのSEO対策が出来ていれば良いという事になります。

検索で上位表示されれば長期的な集客効果が見込めます。

ただし、SEO対策で効果が出始めるのは早くても半年後です。

それまでは広告やSNSでアクセスを集める形になります。

 

SEO対策で重要になってくるのは主に

・良質なコンテンツの作製

・コンテンツの信頼性

・各種調整

の3つとなります。

良質なコンテンツの作製

閲覧者にとって有益な情報をもたらすページは検索結果の上位表示を狙えます。

尚、グーグルの判断基準としては閲覧者がどのくらいの時間、何ページ見ているかなどのデータ収集が行われています。

キーワード毎の検索意図を意識してコンテンツを作成する必要があります。

例えば「SEO対策 やり方」と検索する人はどんな意図でこのキーワードを検索しているのか?

このキーワードでどんなページが上位表示されているかというと、SEO対策のやり方が分かりやすく、詳しく書かれているページが上位表示されやすいという事です。

検索エンジンは閲覧者がそのページを見ている時間や、サイト内の別ページを見ている時間などのデータを収集し、ページの評価を決定しています。

コンテンツの信頼性

社会的な信頼性のあるコンテンツはSEOで有利です。

信頼性とは社会的な信頼(有名な人物、会社など)、ドメイン年齢(そのドメインが取得されてどのくらい経過しているか)など、そのサイトにどれだけの信憑性があるのかという事です。

既に検索エンジンに信頼されているサイトからの被リンクでもページの評価は上昇します。

その他、SNSで多くのフォロワーを獲得し、連携する事でも信頼性を高める事ができます。

 

各種調整

タイトル、ディスクリプション設定、内部リンク、被リンクなど、サイト内部の調整を行います。

タイトルやディスクリプション設定は良質なコンテンツを作成する事にもつながります。

内部リンクはページの閲覧者が自サイトの他のページも閲覧しやすくする事で、サイト全体の評価を高める為の対策です。

被リンクとは外部のサイトに自サイトのリンクを貼って貰う事です。

尚、被リンクはSEO対策において非常に重要になってくるのですが、数よりも質が重要です。

100、1000のレベルの低いリンクを集めるよりも、1つの良質なリンクの方が効果は高いです。

 

ひと昔前のSEO対策・・・

現在は効果が薄いですが、数年前まで有効と言われていたSEO対策を紹介します。

・被リンクの量産

被リンクの質を問わず、数が多ければ検索で上位表示されやすくなる時代もありましたが、現在では効果は見込めません。

逆にグーグルからペナルティをくらい、検索圏外に飛ばされてしまう可能性すらあります。

現在でも被リンクを購入する事は可能ですが、お勧めはできません。

 

・長文、量産SEO

とにかく記事や文章量を多くして上位表示を狙う手法です。

現在でも一定の効果は見込めますが、大手企業に太刀打ちするのはなかなか難しいです。

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-8806-2478 9:00-23:00

PAGETOP
Copyright © ホームページ制作のフリー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.